スカンジナビア航空、羽田/コペンハーゲン線を開設、成田線は終了へ

スカンジナビア航空は2020年夏期スケジュールから、羽田/コペンハーゲン線を開設する。

機材はエアバスA350を使用。スターアライアンスメンバーの全日空(ANA)のネットワークを利用し、日本国内30都市にも接続する。一方、羽田線就航に伴い、成田/コペンハーゲン線の運航は終了する。

スカンジナビア航空ではデンマーク、ノルウェー、スウェーデンのスカンジナビア3か国のオリンピック・パラリンピック委員会とパートナーシップを結んでおり、今回の羽田就航は東京オリンピックに向けた最適なタイミングと説明。期間中は同3か国の代表チーム選手団の渡航をサポートする計画だという。

なお、日本/スカンジナビア間の航空路線では全日空が2020年に羽田/ストックホルム線を新設する計画。日本/スカンジナビア間の座席供給量は大幅に増える見込みだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。