東京都・東京観光財団が「観光活性化フォーラム」開催、各地の先進事例紹介やブース展示など、2月6日に開催(PR)

東京都と(公財)東京観光財団は2020年2月6日(木)、「観光活性化フォーラム TOKYO 2020」を開催する。地域の特色を生かした魅力ある観光施策を支援する目的で企画したもの。東京の観光による地域の活性化・まちづくりに焦点を当てた先進事例や手法の紹介、関連団体による取り組みやビジョンなどを広く紹介する。参加料は無料。事前申込制で先着200名を受け付ける。

参加申込サイト⇒「観光活性化フォーラム TOKYO 2020」

当日の第一部では、ツーリズム・コンサルタントのポール・ハガート氏が「シャンパン・スノーと経済効果」と題した基調講演を実施。アジアの富裕層をはじめ年間30万人以上もの外国人が訪れる「ニセコ」の事例をもとに、この地域ならではの取り組みやマーケティング手法を紹介する。

観光まちづくり対談のセッションでは、ソーシャル&エコ・マガジン「ソトコト」のオンラインメディアを運営するソトコト編集部の小西威史副編集長と、(一社)町田市観光コンベンション協会の坂本愛氏が登壇。町田市の事例紹介とともに、いま東京が学ぶべき事例や課題を議論する。

続く第二部は観光情報交換会として、都内の観光関連団体がブース出展し、観光取り組み事例を紹介。また、地域資源発掘型実証プログラム事業などの活用事例を中心とする4種類のミニセッションも行う予定だ。

フォーラムの概要は以下のとおり。

「観光活性化フォーラム TOKYO 2020」概要

  • 日時:2020年2月6日(木)13時~17時半(受付開始 12時半)
  • 会場:TKPガーデンシティPREMIUM 神保町(東京都千代田区神田錦町3-22 テラススクエア3F)
  • 対象者:各区市町村観光事業担当者、観光協会担当者、観光産業関係者
  • プログラム:
    • 第一部
      • 基調講演:「シャンパン・スノーと経済効果」ツーリズム・コンサルタント ポール・ハガート氏
      • 観光まちづくり対談:『今、東京が学ぶべき「事例」と「課題」』sotokoto online ソトコト編集部 副編集長 小西威史氏、(一社)町田市観光コンベンション協会 坂本愛氏
    • 第二部 観光情報交換会(観光まちづくり事例紹介&ミニセッション)
      • 都内の観光関連団体がブース出展し、事例紹介や情報交換会を開催
        • ミニセッション1:稲城クロス ~シクロクロスから始まる自転車のまちづくり~
        • ミニセッション2:文京区立肥後細川庭園 松聲閣 秋の紅葉ライトアップ
        • ミニセッション3:三宅島の巨樹探索ツアー
        • ミニセッション4:深川の川床による水辺のにぎわい創出プロジェクト
  • 主催:東京都、(公財)東京観光財団
  • 詳細サイト:「観光活性化フォーラムTOKYO 2020」
  • 定員:200名(事前申込・先着順)
  • 参加料:無料

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。