ナビタイム、「Slack」向け乗換検索アプリを拡充、世界58エリア対応や英語検索も

ナビタイムジャパンは、Slack Japan が提供するビジネスチャット「Slack」向けの乗換検索アプリ「NAVITIME for Slack」で、新たに世界58 エリアを追加した。これにより、乗換検索は日本を含め59 エリアでの対応が可能となった。また、英語での検索にも対応する。

このサービスの利用は無料。アプリの初回起動時もしくは「/navitime area」や「/navitime lang」と入力し、言語(日本語/英語)と検索エリアを 選択。「/navitime Shinjuku to Tokyo」や「/navitime Shinjuku to Tokyo arrv 18:00」のように出発駅/到着駅や希望の出発 /到着時刻を入力して送信すると、乗換検索結果が表示される。検索エリアの言語とユーザーの設定言語が異なる場合は、検索結果に現地語とユーザーの設定言語が併記される。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。