マリオット、2019年の契約ホテルは815軒、総客室数で7年連続過去最高を更新

(c) stock.foto

マリオット・インターナショナルは、2019年に13万6000室以上となる815軒のホテルと新規契約し、ホテルの総客室数で7年連続過去最高を更新した。これにより、今後開業予定のホテルの総客室数は約51万5000室になる見込みだ。

また、2019年に開業したホテル数は60カ国で516軒、新たに7万8000室が加わった。これで、2019年末時点のホテル数は、世界134の国と地域で7300軒、約138万室に。新規ホテル開発案件の53%が北米以外の地域で、アジア太平洋で3万8000室)、ヨーロッパで1万7000室、カリブ海・中南米で9000室以上、中東・アフリカでは8000室。さらに、キプロス、モルドバ、キルギスタン、ラトビアの4ヵ国で、マリオット・インターナショナル第一号のホテルを開業した。

マリオット・インターナショナルでは、ラグジュアリーブランドを強化しており、2019年には 27の国と地域で42軒のラグジュアリーホテルの契約を締結。「セントレジス・ベニス」、「Wドバイ – ザ・パーム」、「ウエスト・ハリウッド・エディション」、「ザ・リッツ・カールトン プネ」などの34軒のホテルが開業もしくは改修された。

手頃なライフスタイルブランドの「ACホテル・バイ・マリオット」、「アロフト」、「モクシー」では、2019年に約1万室をオープン。 現在、ギリシャ、アイルランド、ジャマイカ、ラトビア、ネパール、スイスで昨年開業した新たなホテルを含め世界44の国と地域に合計6万5000室以上を展開している。

このほか、昨年8月に立ち上げた オールインクルーシブ・プラットフォームでは、オールインクルーシブホテル7軒、 合計約3200室の運営受託もしくはフランチャイズ契約を締結。現在、ジャマイカで800室のマリオット・ホテルのリゾート、メキシコでは240室のリッツ・カールトンのリゾートを、 オールインクルーシブなサービスを提供するプロパティとして開発中。さらに、昨年、バルバドスの島で7つのホテル(計588室)を運営するエレガント・ホテルズ・グループの買収を完了している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。