【人事】オーストラリア政府観光局、新日本局長を発表

オーストラリア政府観光局は日本局長にデレック・べインズ氏を任命した。2020年4月に着任する。

べインズ氏は航空業界と観光業界の経験が長く、カンタス航空日本支社でマーケティングや路線開発を担当した経験を有する。今回の人事も、ベインズ氏の航空業界における経験と日本の旅行市場に対する理解があることが理由。

豪州を訪れる日本人旅行者数は2019年に6.3%増の約50万人となり、総支出額は21億豪ドルにまで伸びた。オーストラリア政府観光局はベインズ氏の入局により、日本市場のさらなる拡大を期待している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。