東京メトロ、東京で大都市型MaaSを開始、アプリにシェアサイクルやタクシーなどの経路検索を可能に

東京メトロは、鉄道、シェアサイクル、タクシー、コミュニティバス、航空など多様なモビリティやサービスと連携し、東京における大都市型MaaS「my! 東京MaaS」を開始する。モビリティとして、都営交通、Japan Taxi、docomo bike share、ANAなどと連携するほか、パートナーとしてマイクロソフト、富士ゼロックス、dヘルスケアなどが参画する。

具体的には、まずは2020年7月に東京メトロアプリをリニューアルし、マルチモーダルな経路検索機能を実装。これにより、鉄道に加え シェアサイクル、タクシー、コミュニティバスを含む経路検索を可能にする。

さらに、2020年度下期以降には「移動のしやすさの追求(エレベータールート検索)」「健康応援」「ビジネス加速」「東京を楽しむ」などの取り組みを推進していく計画。

報道資料より「my! 東京MaaS」のキーワードは「パーソナライズド」「リアルタイム」「更なる稠密性・連続性の追求」の3点。「パーソナライズド」と「リアルタイム」では、移動しやすい東京を目指すほか、目的地サービスとの連携を図り、新たな移動価値の創出に取り組む。  

「更なる稠密性・連続性の追求」では、地下鉄駅直結・駅至近エリアの都市活動を引き続き推進しながら、今後の社会構造の変化を見据えて、さまざまな人が円滑に移動できるネットワークの稠密性・連続性をさらに高めていく。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。