外務省、新たにロシアなど14カ国に渡航中止勧告、感染症危険情報レベル3は世界87カ国・地域に

外務省は、新型コロナウイルスの感染が依然として世界的に拡大していることから、新たに14カ国に対して感染症危険情報レベルをレベル3(渡航中止勧告)に引き上げた。

新たにレベル3に引き上げられた国は、中南米のアンティグア・バーブーダ、セントクリストファー・ネービス、ドミニカ共和国、バルバドス、ペルー、欧州のウクライナ、ベラルーシ、ロシア、中東のアラブ首長国連邦、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、アフリカのジブチ。

これにより、レベル3は、中国、韓国、アメリカ、欧州全域などを含めて87カ国・地域に拡大した。それ以外の地域すべてについても、レベル2(不要不急の渡航は止めてください)が継続されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。