KNT-CTホールディングス、3月の取扱額は大幅な減少、国内は77%減、海外も73%減に、新型コロナの影響大きく

KNT-CTホールディングスは、2020年3月の旅行取扱状況を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、海外旅行、国内旅行、外国人旅行とも前年を大きく下回り、2019年度通期では海外旅行と国内旅行が前年割れの結果となった。

2020年3月の取扱額は前年同月比68.6%減の134億5900万円と大幅に減少した。海外旅行は前年同月比73.5%減の39億9500万円。このうち、団体は一般(同62.4%減)、学生(同69.1%減)とも大きく減少した結果、同66.4%減の12億1100万円。企画では、ホリデイが同70.9%減の5億4500万円、クラブツーリズムが同73.3%減の15億1400万円で、合計では同72.8%減の20億6200万円に終わった。個人の下げ幅はさらに大きく、同81.5%減の7億2200万円。

国内旅行は77.7%減の49億600万円。このうち、団体が同65.6%減の13億4800万円。企画は同77.2%減の31億8600万円で、メイトが同73.5%減の15億7200万円、クラブツーリズムが同80.1%減の15億9500万円。個人は同90.9%減の3億7200万円。

外国人旅行も大幅に減少し、同80.7%減の6億4500万円に終わった。

3月の実績を加えた2019年度通期では、海外旅行が同6.7%減の1537億2500万円、国内旅行が同10%減の2665億2700万円と前年割になったものの、外国人旅行は同4.2%増の242億3200万円と前年を上回った。合計は同7.6%減の4587億100万円。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…