東京ディズニー、臨時休園を再延長へ、再開時期は休業要請解除後に検討、社員の一時帰休を実施

オリエンタルランドは2020年5月8日、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの臨時休園期間を延長すると発表した。当初、再開時期を5月中旬に判断するとしていたが、新型コロナウイルスに伴う政府の緊急事態宣言が延長されたのを受け、今後は政府、自治体の休業要請が解かれた段階で、再開時期を検討する。東京ディズニーランド大規模開発エリアの開業時期についても、両パーク再開後の状況をみて決定する。

また、2月29日以降、2カ月以上にわたり臨時休園が続いていることから、社員の一時帰休を実施。対象は社員、嘱託社員、テーマパークオペレーション社員の約5400名で、勤務日数のうち月4日を休業日とし、休業日は賃金の一部を支給する。期間は5月18日からパーク再開まで。役員は自主返納を行っており、今後さらなる減額などを検討する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…