複合機に交通ICカードかざすだけで乗車履歴の印刷を可能に、キヤノンとJR東日本、交通費申請の業務軽減へ

kuruneko / Shutterstock.com

キヤノンマーケティングジャパンは、ジェイアール東日本企画とJR東日本メカトロニクスの交通系ICカード交通費精算サービス「transit manager(トランジット・マネージャー)」と連携する複合機ソリューション「MEAP交通費申請」の提供を8月上旬から開始する。

これにより、オフィスで利用しているキヤノン製複合機のICカードリーダーに、交通系ICカードをかざすだけで、カードに記録されている乗降履歴を取得して表示、印刷することが可能になる。

乗降履歴は、JR東日本グループが提供する公式のビジネスソリューション「transit manage」と連携で複合機の画面上に表示されるため、定期区間が考慮されるほか、新駅の開通や料金変更にも迅速に対応する。

紙による申請業務の場合、より信頼性の高い申請帳票が出力されることで運用改善が可能。また、交通費申請・精算システムをの利用している場合は、確認用途やコピー用途で利用できるCSVファイルを、月末申請時などの必要な時にまとめてメールで受け取ることもできる。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。