熊本県とNEC、顔認証技術で新しい観光地域づくりへ、阿蘇地域で手ぶら旅や決済サービスを実証、動態データも有効活用

熊本県とNECは、コロナ禍での新しい行動様式も念頭に置き、顔認証技術などのICT技術を活用した「持続可能な新しい観光地域づくり」に向けた包括連携協定を締結した。少子高齢化に伴う労働力不足が深刻化しているほか、新型コロナウイルスの感染拡大も地域産業に甚大な影響を与えていることから、新しい行動様式も念頭においた観光地域づくりを目指す。

協定に基づき、熊本県とNECは顔情報を共通のIDとするDigital IDを使い、店舗や施設などで「非接触」「手ぶら」「決済」などのサービスを実現する共通認証基盤の実証を阿蘇地域で行う。

実証では、顔認証技術などのデジタルデバイスを活用した新しい観光スタイルの検証を行うほか、顔認証技術で取得する来訪者の動態データを活用し、満足度の高い新しい観光コンテンツの開発も進める。また、来訪者の動態データとその他のICTを活用することで、新たな観光情報提供の方法を検討していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。