JR東日本、主要駅に旅行コンシェルジュ店を開業へ、オンライン特化に向けてシニア層や訪日客向けに

JR東日本グループは、主要駅25ヶ所に「JR東日本 駅たびコンシェルジュ」を開業する。同グループでは、今後オンラインによる旅行商品販売に特化していく方針だが、「大人の休日倶楽部」会員などのシニア層や訪日客向けの顧客接点の拠点としていきたい考え。

駅たびコンシェルジュでは、観光情報の案内、大人の休日倶楽部に関する案内、オンラインでの旅行商品購入方法の案内、乗車券類(大人の休日倶楽部パス、訪日旅行者向けフリーパスなど)の発売、エスコート商品の販売、地域に密着した商品の販売などのサービスを提供していく。

設置場所は、東京駅、浜松町駅、品川駅、渋谷駅、新宿駅(東口、新南口)、池袋駅、上野駅、柏駅、横浜駅、川崎駅、立川駅、大宮駅、船橋駅、成田空港駅、空港第2ビル駅、福島駅、仙台駅、山形駅、盛岡駅、青森駅、秋田駅、新潟駅、長野駅、東京モノレール線羽田空港第3ターミナル駅。

このほか、2021年春には川崎駅と秋田駅、2021年度以降には、その他23ヶ所に設置する予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。