JAL、今冬の成田発着国際線を拡大、北米と東南アジアの接続改善へ

PATARA / Shutterstock.com

JALは、2020年11月~2021年1月における国際線の一部の路線便数計画を決定した。 

羽田/ニューヨーク線、シカゴ線、ダラス線について、週3便ずつの運航を継続しながら、さらに週3~4便を成田発着で運航することで、東南アジア路線との乗り継ぎの利便性を高める。また、成田午前到着のバンコク線とマニラ線、成田午後到着のジャカルタ線、マニラ線、ホーチミンシティ線を週2~3便増便し、北米線との接続を拡大する。このほか、11月のホノルル線については引き続き月2往復の臨時便を運航する。

これにより、2020年11月1日から2021年1月31日の減便数は、58路線9922便となる。月別では11月が58路線3811便で減便率は82%、12月が50路線3048便で78%、1月が50路線3063便で78%となる見込み。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。