【年頭所感】Trip.comグループ日本代表 蘇俊達氏 ―アフターコロナは地域・国内観光の振興に貢献

Trip.comグループ日本代表の蘇俊達氏が、2021年を迎えるにあたって年頭所感を発表した。

蘇氏は2021年を、全世界の観光業が新型コロナの危機を乗り越え、ビジネスを復興していく年になると展望。昨年、感染の収束が見え始めた時期に実施したライブコマースの成果を踏まえ、今年も旅行需要の回復に向けてさらに推進する方針を述べた。アフターコロナにおいては、まずは地域・国内の旅行業再興に注力しつつ、グローバル市場の復興も推進。日本では、今夏の東京五輪での観光振興やインバウンド誘客を通して、再び日本の魅力を体験してもらえるように努めるとしている。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2021年 年頭所感 

新年快楽!あけましておめでとうございます。

2020年は新型コロナの感染拡大により、国内外の旅行業に大きな影響を受けた年となりました。この困難な時期において、日本全国のホテル・旅館様、各パートナーの皆様、地方自治体・企業の皆様と共に観光業の再興に向けてご協力・連携をさせていただいておりますことに、厚く御礼を申し上げます。

【昨年は新型コロナへの対応を進めました】

Trip.comグループでは、感染拡大が確認され始めた2020年1月末にはキャンセルポリシーを発表し、何百万ものお客様が補償を受けられるように支援を実施。世界中のパートナー様と緊密に連携しながら、お客様の安全を第一に無料キャンセル補償の対応を取ってまいりました。また、新型コロナの感染拡大防止策を講じているホテル様に対して、安心安全のバナーを表示し、お客様に情報を提供。その他、旅行計画の流動性に対応できるよう、フレックス予約も導入しました。お客様の旅行の計画の変更を余儀なくされるなか、人の移動や交流を進める観光のビジネスにおいて、感染拡大予防に最大限の責任を果たしてきております。

【デジタルマーケティングの取り組みにシフトしました】

中国国内での感染の収束が見られ始めた2020年3月末から、Trip.comグループでは、ジェームス・リャン会長が自らKOLとなって、観光需要の再興のために、デジタルを活用した新しいマーケティングスタイルを切り拓く取り組み「Boss LIVE」を開始しました。これは、中国各地に赴いて、地域の安全性とともにホテル商品を魅力的な特典と割引価格で販売するライブコマースです。6月からは、シンガポール、タイ、韓国、香港でも同様の取り組みを開始し、日本でも7月から、旅行ユーチューバーを起用して実施してきました。3月末の開始から6か月間で、累計取扱高は17人民元(約263億円)以上、ライブ視聴者数は1億人を超える取り組みとなっています。

【2021年はさらにDXを進めてまいります】

ライブコマースの取り組みにより、世界各地の旅行先の魅力を、健康・安全・柔軟性の保証とともに紹介することは、旅行に対する信頼を取り戻し、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、早期に需要を獲得することにつながっています。このまったく新しい旅行・予約の方法は、旅行業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進できていると自負しております。お客様が次の旅行の計画を立てる際のインスピレーションをご提供すると共に、旅行需要の回復に向けて、2021年は、ライブコマースをさらに進めていく予定です。そこにおいては、ホテルや旅館などの宿泊施設様からお客様向けの動画の発信も強化していく予定です。ホテル様がシステムから動画配信をすることで、施設内の様子、お料理、温泉など、写真だけでは伝わらない、ホテル様の魅力を直接お客様に伝えることが出来るものです。お客様にデジタルを活用した旅行体験の向上を進めていきます。

【Local Focus, Global Visionを進めてまいります】

2020年10月で、Trip.comグループは設立から21周年を迎えました。Trip.comグループは、世界をリードするグローバルオンライン旅行会社として、単にパートナー様とお客様の販売・購入をいただくプラットフォームのご提供だけではなく、革新的なマーケティングと魅力的なコンテンツを通して、双方によりチャンスとバリューをもたらすことで、事業を拡大してく考えです。そして、「Local Focus, Global Vision」の考えのもと、アフターコロナにおいて、まずは地域・国内の旅行業再興に注力しつつ、広い視野を持って、グローバルの旅行市場の再興を進めてまいります。

【アフターコロナにおける観光振興に貢献します】

弊社が2020年に行ったライブコマースでは、日本のホテル商品を中国市場向けに先行販売を複数回実施しました。7月の初回にはたったの40分間で2619万人民元(3.9億円超)を記録。10月には、2つの自治体とそれぞれ一時間のコラボ企画を実施し、山梨県では888万円、横浜市では1238万円と、毎回、大きな取扱高を達成しています。日本の魅力がゆるぎないものであること、そして収束すれば日本を早く訪問したいと思っているお客様がいらっしゃることを表しています。Trip.comは、中国の他、韓国、台湾、香港のアジア地域におけるプロモーションを得意としています。新型コロナの収束後は、近隣のエリアからクロスボーダーの旅行の再開が期待されることからも、弊社が日本のインバウンド回復に向けた観光振興に貢献できることを確信しているところです。

【オリンピックの成功、インバウンド回復に向けた観光振興に貢献します】

2021年は、全世界の観光業が新型コロナの危機を乗り越え、ビジネスの復興していく年となります。国内での旅行需要の回復の後、ビジネス渡航の緩和、そして観光目的の渡航制限の緩和へと、徐々に進んでいくことでしょう。そして、7月には延期されていた東京オリンピック・パラリンピック大会が実施されます。さらに2022年2月には、北京冬季オリンピック・パラリンピック大会が予定されています。日本における旅行業界の再起、東京オリンピック・パラリンピック大会における観光振興、インバウンド誘客への貢献を通して、再び日本の魅力を知り、体験してもらえるよう努めてまいります。

日本は旅行を通じた文化外交のパイオニアであり、2030年に6000万人の訪日外国人を誘致するという素晴らしい観光ビジョンを打ち出しています。Trip.comグループは、旅行が人々の理解と平和的な交流の基盤をもたらす可能性を重視して、一人でも多くの人が旅行する機会を持てるようにし、友好の懸け橋となれるようにすることが私たちの責務だと感じています。――あらゆる旅を最高に。Make every trip the perfect trip! 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Trip.comグループ日本 代表 

蘇 俊達

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。