ハワイ州観光局、文化施設のオンラインツアーをライブ配信、文化保護NPOの支援で参加費を全額寄付

ハワイ州観光局(HTJ)は、ハワイの文化継承と海洋保全活動を紹介するオンラインツアーを2021年1⽉9⽇から始める。HTJは、2020年11月から「Feel Hawaiʻi」「Discover Hawaiʻi」「Adventure Hawaiʻi」「Support Hawaiʻi」の4つのテーマでオンラインツアーを提供しており、今回はハワイの⽂化保護活動を行っている⾮営利団体(NPO)を支援する「Support Hawaiʻi」として配信する。

「Support Hawaiʻi」のオンラインツアーでは、ハワイ王朝唯⼀の宮殿「イオラニ宮殿」、ハワイ最⼤の博物館「ビショップ・ミュージアム」、2014年から3年間世界を航海した「ポリネシア航海協会」の様子をライブ配信。参加費はすべて、新型コロナウイルスの影響を受ける各団体へ活動資⾦として寄付される。

第1回はポリネシア航海協会で、2021年1月9日午前9時から午前10時まで。伝統カヌー「ホクレア」の魅力を過去の航海ストーリーともに紹介する。

第2回はビショップ ミュージアムで2021年1月23日午前9時から午前10時まで。ミュージアムの創⽴者であるビショップ夫妻と、バニース パウアヒ王⼥の家系であるカメハメハ王家に焦点を当てながら、ミュージアムを案内する。

第3回はイオラニ宮殿で2021年2月を予定。ツアー内容は後日ハワイ州観光局のポータルサイト「allhawaii」で発表される。

予約は、「allhawaii」にある各団体のコラムから。オンラインツアーではナビゲーターとチャットで会話することも可能。後日、アーカイブ映像を閲覧することもできる。参加費は、ライブ配信が1オンラインツアーにつき1000円(税込)、アーカイブ視聴が1オンラインツアーにつき1000円(税込)。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。