羽田空港から都心を結ぶ新たな駅、国交省がJR東日本「羽田空港アクセス線」に事業許可、2029年開業へ

国土交通省は2021年1月20日、東日本旅客鉄道(JR東日本)の「羽田空港アクセス線」に関する第1種鉄道事業申請を同日付で許可した。

「羽田空港アクセス線」は、既存の鉄道ルートを活用し、都心と羽田空港の地下に建設する羽田空港新駅(仮称)をダイレクトで結ぶもの。整備区間として、東京貨物ターミナルから新駅までの約5キロの鉄道事業を許可した。事業費は3000億円で、2029年度の開業を予定。 運行本数は1日あたり片道72本、1時間あたり4本を計画している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。