滋賀県栗東市観光協会ら、サイクリングでスタンプラリー、びわ湖一周自転車アプリでスポット巡り

滋賀県の栗東市観光協会、滋賀プラス・サイクル推進協議会、ナビタイムジャパンの3者は、2021年2月26日から3月31日にかけて、自転車でびわ湖一周する「ビワイチ」専用アプリ「ビワイチサイクリングナビ」を活用したサイクルスタンプラリーを栗東市内で実施する。

「ビワイチサイクリングナビ」は、「ビワイチ」など滋賀県内周遊をサポートするアプリ。滋賀県内の観光地をスポット情報や記事で閲覧でき、計画から目的地までのルート検索、自転車ナビゲーションまで利用することができる。

サイクルスタンプラリーでは、「ビワイチサイクリングナビ」を起動してスマートフォンGPSをオンにした状態で栗東市内の最大12ヵ所のスポットを巡る。合計13ポイント分のデジタルスタンプを取得すると、近江牛をはじめとした栗東市の名産品を抽選でプレゼント。また、3ポイントを取得した参加者には、先着200名に参加賞として栗東市のおみやげ・ナビタイムオリジナルグッズいずれか(それぞれ先着100名)をプレゼントする。

サイクリングは3密を避けて楽しめるアクティビティとして注目を集めており、ナビタイムによると、2020年の「ビワイチサイクリングナビ」の利用状況は、緊急事態宣言中は前年を下回ったものの、9月には徐々に利用が上向き、走行距離は19年比で34%増、コース閲覧数は7%増、エリア情報の閲覧数は58%増となったという。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。