ANA、4月から機内誌「翼の王国」をデジタル化、上級クラス搭乗者は雑誌や新聞のダウンロードも可能に

ANAは、ANAグループ機内誌「翼の王国」を従来の紙冊子からANAアプリでの提供に切り替える。2021年4月1日から搭乗の有無にかかわらず、全ての人が自分のデジタル端末からダウンロードできるようにし、スマートフォンの画面上でも読みやすいデザインレイアウトに変更する。コンテンツも幅広い人が楽しめるよう一新する。ただし、ANA便搭乗者の希望者には、コンパクトになった紙冊子版(A5サイズ)を提供する。

このほか、機内で提供している雑誌、新聞も、優良顧客がANAアプリからダウンロード可能なデジタル版コンテンツを利用できるようにする。雑誌は4月1日から、新聞は7月頃からの提供を予定している。ダウンロードは搭乗便出発予定時刻の24時間前から可能で、到着後24時間まで閲覧できる。対象は、ANA運航便をANA便名で予約し、国内線はプレミアムクラス、国際線はファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーの乗客。また、同グループの上級会員ステイタスを保持する人も搭乗クラスにかかわらず利用できる。

ANAはこれらのデジタル化により、年間約1540トンの紙利用を削減するとともに、機体重量の低減による燃料使用量、CO2排出量の削減を図りたいとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。