コロナ保険付のテーマパーク入場券が登場、USJやハウステンボスなど、タビナカ予約「クルック」が発売

旅行・レジャー予約サイトKLOOK(クルック)は、東京海上日動火災保険と開発した国内旅行傷害保険契約「コロナお守りパック」を付保した旅行・レジャー商品を発売した。 この保険は、 旅行中の医療相談デスクと新型コロナウイルスを発病した場合の補償を組み合わせたもの。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、 ハウステンボス、 ムーミンバレーパーク、 レゴランド・ジャパンなどの人気テーマパーク入場チケットにに付保される。

新型コロナウイルス感染症一時金特約として、以下のいずれかに該当した場合、3万円の保険金を支払う。

  • 国内旅行中または旅行終了後14日以内に新型コロナウイルス感染症を発病したとき
  • 国内旅行中に、 旅行同行者が新型コロナウイルス感染症を発病したとき

このほか、メディカルアシストサービスとして旅行先での24時間サポート(電話による各種医療相談)、24時間常駐の救急科の専門医・看護師による緊急医療相談、医療機関案内などを提供する。

補償を受けるためには、 利用者は予約後に送られる予約確認メールの中の申請フォームから氏名と予約番号を連絡する必要がある。保険料は、 クルックが負担。 商品価格は据え置かれる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。