デルタ航空、中央座席の販売を再開、旅行需要回復とワクチン接種の状況から判断

デルタ航空は、旅行需要が回復傾向にあり、ワクチン接種も進んでいることから、2021年5月から中央席の販売を再開する。同航空によると、2019年の利用者のうち65%近くが5月1日までに1回目のワクチン接種を終えるという。

デルタ航空は、2020年4月に中央席のブロック(販売中止)を導入。これまで、消費者の行動とワクチン接種率を基準に、解除のタイミングを判断してきた。米航空会社の中で、現在も中央席のブロックを継続しているのは同航空だけになっている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。