JTB、バーチャル空間で日本を体験するプラットフォーム構築、アバター操作で観光や地方特産品のeコマースも

JTBと海外に日本を紹介するメディアを運営するFun Japan Communications、バーチャルイベントサービスを提供するFIXERの3社は、XR技術を活用して仮想空間上にバーチャルな日本をつくりあげ、観光やショッピングなどさまざまなコンテンツを楽しみながら交流を深めることができる 「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業を開始する。

事業運営は、JTBグループのFun Japan Communicationsが運営する日本紹介メディア「FUN! JAPAN」が担い、2021年4月末から段階的にユーザー登録を開始。まず、アジア地域の日本ファン125万人の会員から同プラットフォームへのユーザー化を図り、その後、対象国や地域を増やしていく。

「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」では、ユーザーが自分の分身であるアバターを操作しながらユーザー同士でコミュニケーションを楽しめる機能や、日本各地の歴史や文化を知り、リアルに近い体験ができる機能を用意する。また、国内外の消費者のほか、日本の自治体や事業者のエントリーも可能。国内外のユーザーに対して、地域の特産品や体験コンテンツを提供する機能やサービスも拡張していく。

バーチャル上で継続的に交流やeコマースによる商流を創出できる仕組みを通じて、第一段階として2024年までに1000万人のアクティブ交流人口の創出を目指す。

報道資料より


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。