プリンセス・クルーズ、船上ワーケーションを提案、2022年日本発着クルーズの販売開始

プリンセス・クルーズは2021年4月15日、2022年日本発着クルーズの販売を開始した。日本で建造し、日本人客向けにカスタマイズした客船、ダイヤモンド・プリンセスを使用。2022年4月28日~11月21日出発の期間で、全20コース、29出発日を設定する。初寄港のひたちなかを含め、計4か国29港を訪れる予定だ。

新型コロナウイルス感染症対策のため、運航再開に合わせて最先端テクノロジー「オーシャン・メダリオン」を導入する。船内での位置情報や各施設の混雑状況の確認、各種デバイスや客室テレビから専用アプリを通じた食事や飲み物、船内ショップの商品を注文できるようにし、物理的な接触機会の減少を図る。

2022年日本発着クルーズは、横浜と神戸を母港とし、日本の魅力を再発見できるクルーズを設定。定番の沖縄と台湾、北海道とロシアをめぐるクルーズに加え、西日本周遊と韓国・済州島を訪れるツアーも新設した。洋上最速クラスのWi-Fiサービスも活用し、ワーケーション需要の獲得も目指す。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。