タヒチ観光局、旅行会社向けウェビナーを開催、5月から観光客の受入れ再開、最新の入国条件や現地情報を紹介 ―7月14日・8月11日開催(PR)

© Myles McGuinness

タヒチ観光局は2021年7月14日(水)と8月11日(水)、旅行業界向けに「Meet The Islands of Tahiti Webinar 2021(ミート・ジ・アイランズ・オブ・タヒチ・ウェビナー)」を開催する。

2021年5月、タヒチの島々(正式名称:フランス領ポリネシア)は条件付きで観光目的の渡航者受け入れを再開。その後も新型コロナウイルスの感染状況は落ち着いており、徹底した衛生管理のもと、安心・安全な観光旅行と滞在者の受け入れ体制を整えている。

今回のウェビナーは、タヒチ国境の再開を受け、日本の旅行会社に向けて観光施策と現地の最新情報をシリーズ形式で提供するもの。参加費は無料。毎回先着250名までの事前受付制となる。

ウェビナーでは、現地の基本情報や入国規制を含む最新情報の紹介に加え、人気の島々についての詳細情報、体験できるアクティビティ、宿泊施設など、タヒチの観光素材について掘り下げ、毎回異なるコンテンツを用意する。合わせて、昨年から旅行会社を対象に開始した無料のオンライン・トレーニング・プログラム「タヒチ・スペシャリスト・プログラム」についても詳しく紹介する。

なお、「タヒチ・スペシャリスト・プログラム」は、旅行販売における知識向上につなげるために、同局が旅行会社向けに無料で提供中のオンライントレーニング制度。受講者にはタヒチの島々の基本情報や最新トピックスを学ぶ機会とともに、今後の販売実績に応じてタヒチ・スペシャリスト認定者として消費者にアピールする資格が付与される。また、タヒチの島々への研修旅行への参加など、認定レベルに応じたさまざまな特典を受けられるのもポイントとなっている。

ウェビナーの開催概要と申込方法は下記のとおり。

開催概要

  • ウェビナータイトル:Meet The Islands of Tahiti Webinar 2021(ミート・ジ・アイランズ・オブ・タヒチ・ウェビナー)
  • 日程:
    • 第1回 2021年7月14日(水)
      • 第1部 13:00~14:00 タヒチの島々 基本情報並びに入国に関する最新情報
      • 第2部 14:30~15:30 タヒチ島、モーレア島、ボラボラ島について
      • 7月14日分 参加申し込みフォーム 

    • 第2回 2021年8月11日(水)
      • 第1部 13:00~14:00 ランギロア島、ティケハウ島、ファカラバ島について
      • 第2部 14:30~15:30 フアヒネ島、ライアテア島、タハア島、マルケサス諸島について
      • 8月11日分 参加お申し込みフォーム

  • 受講料:無料
  • 配信方式:Zoomを利用予定
  • 定員:先着250名
  • 対象:日本の旅行会社に所属されている方、またはメディア関係者に限定
  • 言語:日本語
  • 主催:タヒチ観光局
  • 問合せ先:タヒチ観光局 info@tahititourisme.jp

関連情報

  • 今回のシリーズ第3回以降の日時と内容は、決定次第、別途案内予定。
  • タヒチ観光局では、今回紹介したウェビナーに加えて、毎週一回ペースで「ウィークリー・ウェビナー『Tahiti Times(タヒチ・タイムズ)』」も並行開催予定(無料)。参加希望者は、下記からタヒチ観光局トレード向けメールマガジンが必要。
    タヒチ観光局トレード向けメールマガジン購読申し込み

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。