エクスペディアが旅行先の検索動向を発表、夏は国内、年末年始は海外が人気、日本ではハワイ・オアフ島が1位に

エクスペディアは、夏季休暇にあたる2021年8月~9月と、年末年始休暇にあたる2021年12月~2022年1月の期間において、日本で検索された旅行先を調査した。それによると、他国と同様に、夏は国内の旅行先、 年末年始は海外旅行を検索している人が多いことが分かった。

2021年8月~9月の期間で検索された旅行先はトップ10すべてが国内。トップは沖縄で、東京、北海道(札幌、ニセコを除く)、大阪、札幌の順となった。

一方、2021年12月~2022年1月の期間で検索されていた旅行先は、1位がオアフ島、2位が沖縄、3位がバンコク。このほか海外では、トップ10にシンガポール、バリ島、台北、プーケットが入った。

報道資料より他国の検索結果を見てみると、海外旅行者数が増え始めている米国は、メキシコのカンクンが人気で、夏休みの検索では2位、年末年始の検索では1位。ヨーロッパでは、夏休みの検索はスペインのマヨルカ島が人気で、 ドイツとフランスでランクインした。 一方、年末年始に多く検索されていたのはモルディブで、イタリアで1位、フランスで2位、ドイツで4位という結果になり、ビーチリゾートの人気が高いことが分かった。

また、シンガポールでは2021年12月~2022年1月の期間で東京が2位、ニセコが9位。香港では東京が2位、大阪が6位、北海道が7位、札幌が8位と、海外旅行先として日本への関心が高い結果となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。