JR東日本、「新幹線オフィス車両」を本格開始、東北・北陸・上越の全方面8号車、追加料金なしでオンライン会議も可能

JR東日本は、2021年11月22日から東北・北陸・上越新幹線の全方面の8号車で「新幹線オフィス車両」の提供を始める。同社では、今年2月から東北・北海道新幹線「はやぶさ号」で、通話やウェブ会議が可能な新幹線オフィスの実証実験を計2回実施し、その需要動向などを確認してきた。

新幹線オフィス車両の利用にあたって追加料金はかからない。また、新幹線オフィス車両の座席予約はできないため、空席を利用することになる。

JR東日本は、新幹線オフィス車両の本格的な開始にあたって、JRE POINT還元キャンペーンを期間限定で実施する。対象者は、「タッチで Go!新幹線」「新幹線 e チケット」で、平日閑散時間帯に一定区間・回数を利用する人。

また、新幹線オフィス車両の利用者を対象に「STATION BOOTH」や「ベックス・コーヒーショップ」 のサブスクリプションサービスを期間限定で販売する。

JR東日本は、新幹線オフィス車両も含め、シームレスなワークスペースのプラットフォームを構築し、時間と場所にとらわれない分散型の新たな暮らしの実現を提案していく。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。