サブスクのビジネス大賞に定額制宿泊サービス、「HafH」がグランプリに、定額多拠点生活「ADDress」は特別賞

日本サブスクリプションビジネス振興会は、優れたサブスクサービスを表彰する『日本サブスクリプションビジネス大賞2021』を発表。グランプリには、KabuK Styleが提供する旅のサブスクリプション「HafH」が選ばれた。

HafHは、サービス内で獲得できる「HafHコイン」を使って宿泊するサービスを展開。2021年11月末現在、36の国と地域、569都市の1010拠点を定額で利用するができ、ホテルなど宿泊施設の定額化と交通事業者との提携を通じて、新たなライフスタイルを提案している。

また、消費者向け部門の特別賞には、定額制の全国住み放題サービスを展開する「ADDress (アドレス)」が選ばれた。

消費者向け部門のゴールド賞は、電動アシスト自転車のサブスクサービス「サイクルループ」。シルバー賞は、次世代型オンライン薬局サービスを運営する「YOJO」。ブロンズ賞は、オンライン上のカウンセリングにより、髪の状態や好みに合ったパーソナライズ提案する「MEDULLA」が受賞。

企業向け部門のゴールド賞は、デジタルヘルス・医療に特化した世界初のVRサブスクリプションサービス「JOLLYGOOD+(ジョリーグッドプラス)」。シルバー賞は、決裁者同士の商談や提携等を実現し、業績・経営改善を支援する「チラCEO」。ブロンズ賞は、車業界に特化した売り場づくり支援サービス「エアプラ」が受賞した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…