【年頭所感】楽天 トラベル事業 髙野芳行事業長 ―旅行業界の早期回復に取り組む

楽天グループのトラベル&モビリティ事業事業長の髙野芳行氏が、2022年を迎えるにあたり、年頭所感を発表した。

髙野氏は、楽天トラベルが昨年の早い段階から、感染拡大の防止と旅行業界の回復を図る目的で、ワクチン接種の推進とワクチン接種を活用した旅行業界の支援に取り組んできたことを説明。国内では需要回復の兆しが見え始めてきたものの、世界的には見通しは困難でいまだ予断を許さない状況に変わりはないとし、2022年も宿泊施設やパートナー事業者とともに困難を乗り切り、旅行業界の早期回復に取り組むとしている。

発表された内容は以下のとおり。原文のまま掲載する。


2022年 年頭所感

新年明けましておめでとうございます。日頃より、宿泊施設様やパートナーの皆さまには格別のご支援とご指導を賜り、厚く御礼申し上げます。

昨年もコロナ禍により、世界中で多くの感染者が報告されました。お亡くなりになられた方々には、改めて追悼の意を表します。

「楽天トラベル」では、コロナウイルスの拡大を防ぎ、旅行業界の一刻も早い回復を図りたいという思いから、昨年前半よりワクチン接種の推進に総力をあげて取り組んでまいりました。自治体による大規模接種の運営支援から始まり、楽天グループが主体の職域接種を東京本社で立ち上げ、安心とスピードを兼ね備えた接種オペレーションを構築した上で、各地に拡大いたしました。また、近隣住民の皆様や宿泊施設様、パートナー事業者様にも接種の機会をご提供しました。接種オペレーションのノウハウは、全国の観光協会などにも無償で提供し、速やかに感染予防対策がいきわたるよう注力いたしました。

さらに、「楽天トラベル」では、ワクチン接種を完了した旅行者を応援する旅行プランを宿泊施設と協力して提供しました。旅行業界の中でもいち早く、ワクチン接種を活用した旅行業界の支援に着手することができたと考えております。

国内では昨年後半から、感染者数の減少や緊急事態宣言の解除に伴い、徐々に旅行需要の回復の兆しが見え始めております。一方で、世界的にみると未だ見通しは困難で、予断を許さない状況に変わりはありません。

本年も引き続き状況を注視しながら、宿泊施設様やパートナー様と一致団結し、この困難な時期を乗り切っていくとともに、旅行業界の早期回復に向けて取り組んでまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。

楽天グループ株式会社 

執行役員 コマースカンパニー ヴァイスプレジデント 

トラベル&モビリティ事業 事業長

髙野芳行

※髙野氏の「髙」ははしごだか。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…