旅行業の倒産件数、2022年7月は3件、7ヶ月ぶりに前年比増、すべてコロナ関連、息切れも散発

東京商工リサーチは、2022年7月の旅行業の倒産状況を発表した。それによると、倒産件数は3件で、6月の4件からは減少したものの、前年同月の1件から増加した。前年同月を上回るのは7ヶ月ぶり。3件全てがコロナ関連倒産。東京商工リサーチによると、バスなどで移動する日帰りツアーや合宿といった団体やグループの旅行も扱う事業者の息切れも散発しているという。

負債総額は3億2500万円で、2カ月ぶりに前年同月を上回った。ツアーオペレーターとして貸切バスの手配やクラブ・サークル合宿の企画などを手掛けていた国際観光の負債総額約2億7000万円が総額を押し上げた。

2022年(1~7月)の倒産件数は14件(前年同期19件)と前年を下回る水準で推移しているものの、東京商工リサーチは、感染者数が増加していることから、旅行マインドの低下が懸念され、先行きは不透明な状況が続くとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…