検索タグ "倒産"

2020年上半期の宿泊業の倒産、前年の2.4倍増に、コロナ関連倒産が4割、東日本大震災時以降2番目の高水準

2020年上半期の宿泊業の倒産、前年の2.4倍増に、コロナ関連倒産が4割、東日本大震災時以降2番目の高水準

上半期の宿泊業の倒産、総数の4割がコロナ関連。飲食業に次いで関連倒産の多い業種に。
アエロメヒコ航空、民事再生を申請、運航は継続、日本線はすでに再開

アエロメヒコ航空、民事再生を申請、運航は継続、日本線はすでに再開

メキシコのアエロメヒコ航空は、米国で日本の民事再生法にあたるチャプター11の適用を申請した。新型コロナウイルスの影響に伴う旅客数の急減が響いた。
関西中堅旅行「ホワイト・ベアーファミリー」社が民事再生、グループ2社の負債総額351億円、星野リゾートがスポンサーに名乗り

関西中堅旅行「ホワイト・ベアーファミリー」社が民事再生、グループ2社の負債総額351億円、星野リゾートがスポンサーに名乗り

東京商工リサーチによると、関西中堅旅行会社のホワイト・ベアーファミリーと関連会社のWBFホールディングスが2020年6月30日、民事再生法の適用を申請。負債総額は2社合計で約351億円。星野リゾートがスポンサー表明を
タイLCCノックスクートが清算、新型コロナの影響で経営がさらに悪化、回復見込めず

タイLCCノックスクートが清算、新型コロナの影響で経営がさらに悪化、回復見込めず

バンコクを本拠とするLCCノックスクートが清算へ。新型コロナウイルスによる影響による経営悪化で、今後の回復と持続可能な成長は不可能と判断。
中南米最大手LATAM航空が破綻、米チャプター11の適用を申請、再生プロセスのもと運航は継続

中南米最大手LATAM航空が破綻、米チャプター11の適用を申請、再生プロセスのもと運航は継続

中南米最大手のLATAMエアラインズは、日本の民事再生法にあたるアメリカ連邦破産法11条(チャプター11)の適用を申請、事実上経営破綻した。
米レンタカー大手「ハーツ」がコロナ破綻、連邦破産法11条の適用を申請、日本など海外現地会社は事業継続

米レンタカー大手「ハーツ」がコロナ破綻、連邦破産法11条の適用を申請、日本など海外現地会社は事業継続

レンタカー大手のハーツ連邦破産法11条(チャプター11)の適用をデラウェア州破産裁判所に申請し、経営破綻した。しかし、日本を含む海外の現地会社は含まれず、事業を継続する。
タイ国際航空が破綻、更生手続きを申請、国際線の運休は6月末まで延長

タイ国際航空が破綻、更生手続きを申請、国際線の運休は6月末まで延長

AP通信によると、タイ国際航空が破産法に基づく会社更生手続を申請。負債総額は約1兆100億円にのぼると言われている。また、国際線の運休も6月末まで延長する。
4月の宿泊業の倒産が25件に急増、コロナ関連が6割、7年ぶりに年間100件台の可能性も浮上 -東京商工リサーチ

4月の宿泊業の倒産が25件に急増、コロナ関連が6割、7年ぶりに年間100件台の可能性も浮上 -東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、2020年4月の「宿泊業」の倒産は25件で過去2番目に多い数字に。そのうちコロナ関連倒産は15件。負債総額は179億8,500万円に。
関西でホテル展開の「WBFホテル」、民事再生手続きへ、負債額160億円

関西でホテル展開の「WBFホテル」、民事再生手続きへ、負債額160億円

東京商工リサーチによると、関西を中心にホテル事業を展開するWBFホテル&リゾーツが民事再生法の適用を申請。関西旅行中堅のホワイト・ベアーファミリーのグループ会社で、他のグループ会社やホテルは現在も営業を続けている。
ファーストキャビンが経営破綻、新型コロナと競争激化で、JR西日本との合弁会社が運営する店舗も営業終了

ファーストキャビンが経営破綻、新型コロナと競争激化で、JR西日本との合弁会社が運営する店舗も営業終了

キャビンスタイルの簡易宿所を展開するファーストキャビンが経営破綻。競争激化に加えて、新型コロナウイルス感染拡大防止による休業で、資金繰りの見通し立たず。
ヴァージン豪航空、事実上の経営破綻、新型コロナで、外部管理者が清算判断も運航継続に意欲

ヴァージン豪航空、事実上の経営破綻、新型コロナで、外部管理者が清算判断も運航継続に意欲

オーストラリア第2位の航空会社ヴァージン・オーストラリアが、新型コロナの影響で事実上の経営破綻。自主管理として外部管理者に清算の判断を委ねる。
宿泊・観光関連企業3社が破産申請、新型コロナウイルスの影響で事業環境が悪化

宿泊・観光関連企業3社が破産申請、新型コロナウイルスの影響で事業環境が悪化

三重県志摩市の「星たる観光」と兵庫県尼崎市の「マイチケット」が破産申請。岡山県真庭市の「トラベルシリウス」が民事再生。いずれも新型コロナウイルスの影響で収益悪化。
新型コロナの難局に対応する支援策をまとめた、観光産業はSARSはるかに上回る危機、インバウンド消費は月間3000億円減少

新型コロナの難局に対応する支援策をまとめた、観光産業はSARSはるかに上回る危機、インバウンド消費は月間3000億円減少

2003年のSARSをはるかに上回る未曾有の危機。インバウンド、アウトバウンドに与える影響や難局を乗り切る支援策など、観光産業が直面する、いまをまとめた。
広島拠点の旅行会社「愛トラベル」が破産申請、新型コロナが経営圧迫、債権総額3億円

広島拠点の旅行会社「愛トラベル」が破産申請、新型コロナが経営圧迫、債権総額3億円

東京商工リサーチによると、広島県の第2種旅行業者「愛トラベル」が2020年3月10日までに事業を停止。
旅行会社「スプラッシュインターナショナルズ」が破産開始、資金繰りが限界に

旅行会社「スプラッシュインターナショナルズ」が破産開始、資金繰りが限界に

東京都の第3種旅行業者・スプラッシュインターナショナルズが破産開始決定。
愛知・蒲郡の温泉旅館が破産申請、新型コロナウイルスの影響、中国人団体客の多数キャンセルで

愛知・蒲郡の温泉旅館が破産申請、新型コロナウイルスの影響、中国人団体客の多数キャンセルで

愛知県蒲郡市・西浦温泉の温泉旅館「冨士見荘」が破産申請手続きを開始。負債総額は現在調査中。新型コロナウイルスが影響。
ギネス認定の老舗旅館「法師」の運営会社が特別精算、負債総額は約12億円

ギネス認定の老舗旅館「法師」の運営会社が特別精算、負債総額は約12億円

温泉旅館を運営する大阪市の「ゼット (旧善吾楼)」は1月16日、大阪地裁から特別清算開始の決定を受けた。負債総額は約12億円。
宿泊業の倒産件数、2019年は過去20年で最少を更新、負債額は1000億円台に上昇 -東京商工リサーチ

宿泊業の倒産件数、2019年は過去20年で最少を更新、負債額は1000億円台に上昇 -東京商工リサーチ

2019年の宿泊業の倒産状況は、件数が過去20年で最少も、大型倒産で負債総額は大幅に増加。
英トーマス・クック破綻、その後の顛末を追ってみた、ブランド買収から航空事業・店舗・ホテルの行方まで【外電】

英トーマス・クック破綻、その後の顛末を追ってみた、ブランド買収から航空事業・店舗・ホテルの行方まで【外電】

2019年9月にトーマス・クックが破綻して、3ヶ月が経つ。その残された資産を巡ってヨーロッパではさまざまな動きが出ている。Skiftのリポートからその最新動向を報告する。