検索タグ "倒産"

マリオットとエクスペディアの連携はホテル流通を変えるのか? 格安OTA「アモーマ」の廃業から流通価格の課題を考えた【外電】

マリオットとエクスペディアの連携はホテル流通を変えるのか? 格安OTA「アモーマ」の廃業から流通価格の課題を考えた【外電】

ホテル予約サイト「アモーマ(Amoma)」の営業停止や、マリオットとエクスペディアの新しい提携は何を意味するのか? オンライン宿泊流通業界の最新動向を分析。
名古屋の第2種旅行業「エース」が事業停止、負債総額は1億5000万円 ―東京商工リサーチ

名古屋の第2種旅行業「エース」が事業停止、負債総額は1億5000万円 ―東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、名古屋市の第二種旅行業者「エース」が2019年10月24日までに事業を停止。破産申請の準備に入った。
パッケージツアーの未来はどうなる? トーマス・クック破綻で見えた構図を分析してみた【外電】

パッケージツアーの未来はどうなる? トーマス・クック破綻で見えた構図を分析してみた【外電】

旅行業界を驚かせたトーマス・クック社の破綻。それにより、パッケージツアーの行く末に対するさまざまな意見が飛び交っている。その展望を分析した外電記事。
破綻した英トーマス・クック全555店舗の引受け先が決定、英拠点の旅行会社が買取り、約2500人の元従業員も再雇用へ

破綻した英トーマス・クック全555店舗の引受け先が決定、英拠点の旅行会社が買取り、約2500人の元従業員も再雇用へ

イギリスの独立系旅行代理店「ヘイズ・トラベル(Hays Travel)」は、破綻したトーマス・クックの店舗を買い取る。旧トーマス・クックの555店舗すべてのほか、元従業員も最大で2500人を再雇用する。
相次ぐ小規模の航空会社の破たん、いまヨーロッパの航空業界で何が起きているのか? その要因と現状を考えた【外電】

相次ぐ小規模の航空会社の破たん、いまヨーロッパの航空業界で何が起きているのか? その要因と現状を考えた【外電】

ヨーロッパの航空業界では、小規模航空会社の多くが危機的な財政状況で、ここ数週間でかなり厳しい状況に陥った。トーマス・クックをはじめ数社が経営破綻。今年の冬に向けてさらに状況が悪化することが懸念されている。その原因とは?
トーマス・クック破綻の理由を分析してみた、一因は「デジタル対応の遅れ」、頓挫した従来型モデルからの脱却と構造改革【外電】

トーマス・クック破綻の理由を分析してみた、一因は「デジタル対応の遅れ」、頓挫した従来型モデルからの脱却と構造改革【外電】

トーマス・クックの破綻の一因はデジタル化への遅れも? フォーカスライトが同社のこれまでのデジタル化の取り組みを解説。従来型のビジネスモデルからの脱却に二の足を踏んだことがデジタル化の遅れにとながったのではないかと分析している。
「てるみくらぶ」破産手続きが終結、8月末に「約1.9%」で配当、債権者向けサイトは来年2月に閉鎖へ

「てるみくらぶ」破産手続きが終結、8月末に「約1.9%」で配当、債権者向けサイトは来年2月に閉鎖へ

社会問題化した「てるみくらぶ」経営破綻。破産手続きが集結。約1.5万人に配当。
トーマス・クック破綻で旅行業界に起きることは? TUIやライアンエアら恩恵を受ける企業も【外電】

トーマス・クック破綻で旅行業界に起きることは? TUIやライアンエアら恩恵を受ける企業も【外電】

トーマス・クックの破綻は顧客や従業員だてげなくヨーロッパの旅行業界に余波を広げている。この破綻で中小のツアーオペレーターやホテルは実害を被ると予測される一方で、大手の中には恩恵を受けると観測される企業も。
【続報】経営破綻の英旅行会社「トーマス・クック」、欧州各国が対応を開始、混乱状況も明らかに

【続報】経営破綻の英旅行会社「トーマス・クック」、欧州各国が対応を開始、混乱状況も明らかに

英国の旅行大手「トーマス・クック」の経営破綻により、週開けの2019年9月23日は世界中で大勢の旅行者やビジネスが混乱。各国の対応状況などが徐々に明らかに。
英大手旅行会社「トーマス・クック」破綻、英政府「旅行者はチャーター数十機で帰国”救出”」、旅行業界には大きな影響【外電】

英大手旅行会社「トーマス・クック」破綻、英政府「旅行者はチャーター数十機で帰国”救出”」、旅行業界には大きな影響【外電】

英大手旅行トーマス・クック社の破綻は、同社ツアーの海外旅行者だけでなく、リテーラーや代理店など業界にも大きな影響が及ぶと懸念されている。英政府はチャーター機で平時としては史上最大の救出作戦を開始。
英・老舗旅行会社トーマス・クックが破産申請、旅行者15万人に影響、政府が旅行者の緊急支援へ(速報)

英・老舗旅行会社トーマス・クックが破産申請、旅行者15万人に影響、政府が旅行者の緊急支援へ(速報)

英国拠点の老舗旅行会社トーマス・クックは2019年9月23日、ロンドンの裁判所に破産を申請。英国・民間航空局(CAA)は、影響する15万人を超える旅行者への情報提供やサポートを開始へ。
中南米専門の老舗旅行会社「ウニベルツール」が破産開始決定、7月末付で、債権者約40名に負債総額2億円

中南米専門の老舗旅行会社「ウニベルツール」が破産開始決定、7月末付で、債権者約40名に負債総額2億円

2019年7月19日に全業務を停止していた中南米専門の旅行会社であるウニベルツールが、7月31日付で東京地裁から破産開始決定を受けた。東京商工リサーチによると、負債総額は債権者約40名に対して約2億円。
中南米専門の老舗旅行会社「ウニベルツール」が事業停止、リオ五輪後に業績低迷、6月のビザ免除が決定打に

中南米専門の老舗旅行会社「ウニベルツール」が事業停止、リオ五輪後に業績低迷、6月のビザ免除が決定打に

東京商工リサーチによると、中南米専門の旅行会社であるウニベルツールが2019年7月19日付で全業務を停止した。負債総額は現在調査中。ツアー客の振り替え済ませ、一般被害なしという。
2019年度上半期の宿泊業の倒産、大型倒産の影響で負債総額が500億円を超過、原因は「販売不振」が最多 ―東京商工リサーチ

2019年度上半期の宿泊業の倒産、大型倒産の影響で負債総額が500億円を超過、原因は「販売不振」が最多 ―東京商工リサーチ

東京商工リサーチが発表した2019年上半期(2019年1月~6月)の宿泊業の倒産状況によると、倒産件数は前年比8件減の30件となり、過去20年で最少となった。一方で、負債総額は前年比375.7%増の584億900円。大型倒産が影響した。
2019年度上半期の旅行業の倒産、小・零細業者の「販売不振」による破産が増加、負債総額は過去20年間で最低に ―東京商工リサーチ

2019年度上半期の旅行業の倒産、小・零細業者の「販売不振」による破産が増加、負債総額は過去20年間で最低に ―東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、2019年上半期(2019年1月~6月)の旅行業の倒産件数は前年比1件増の14件。負債総額は7.6%減の7億3200万円。
山形県の温泉旅館運営ミリオン(旧・萬国屋)が特別清算開始、負債総額は約31億6800万円、新会社が営業を継承

山形県の温泉旅館運営ミリオン(旧・萬国屋)が特別清算開始、負債総額は約31億6800万円、新会社が営業を継承

東京商工リサーチによると、山形県鶴岡市で温泉旅館を運営するミリオン(旧:萬国屋)が2019年4月8日に特別清算開始決定を受けた。
「てるみくらぶ」破綻事件で被害者への配当率が決定、「1.9%」に、第4回債権者集会で報告

「てるみくらぶ」破綻事件で被害者への配当率が決定、「1.9%」に、第4回債権者集会で報告

2019年3月、2017年に破産した「てるみくらぶ」の第4回債権者集会が開催された。集会では、旅行者など一般債権者の配当(弁済)予定率が1.9%になることを報告。
会員制リゾート「エメラルドグリーンクラブ」が民事再生、直営ホテルは営業継続、債権者は約1万2000人に ―東京商工リサーチ

会員制リゾート「エメラルドグリーンクラブ」が民事再生、直営ホテルは営業継続、債権者は約1万2000人に ―東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、「ホテルグリーンプラザ鴨川」と「ホテルグリーンプラザ強羅」の運営をおこなうエメラルドグリーンクラブが民事再生法の適用を申請。負債総額は、債権者約1万2000人に対して約450億円。
第3種旅行業「キャプテンツアーズ」が破産開始決定、関連会社1社も連鎖、負債総額は2560万円

第3種旅行業「キャプテンツアーズ」が破産開始決定、関連会社1社も連鎖、負債総額は2560万円

第3種旅行業のキャプテンツアーズとその関連会社のフルハート&プレゼンツが破産開始決定を受けた。負債はキャプテンツアーズが約2100万円、フルハート&プレゼンツが約460万円。
2018年宿泊業の倒産は78件、負債総額は2年ぶりに前年下回る、中小零細淘汰の予測も ー東京商工リサーチ

2018年宿泊業の倒産は78件、負債総額は2年ぶりに前年下回る、中小零細淘汰の予測も ー東京商工リサーチ

東京商工リサーチによると、2018年の宿泊業の倒産件数は前年と変わらず78件となり、前年同様1999年以降の20年間で最少に。負債総額は同2.1%減の492億3,400万円で、2年ぶりに500億円を下回った。