ファーストキャビンが経営破綻、新型コロナと競争激化で、JR西日本との合弁会社が運営する店舗も営業終了

ファーストキャビンとその子会社4社(ファーストキャビン開発、ファースト キャビン京都三条、ファーストキャビン京都嵐⼭、ファーストキャビ ン柏の葉)は2020年4月24日、東京地⽅裁判所に破産⼿続開始の申⽴てを⾏った。同社はキャビンスタイルの簡易宿所を展開する会社。カプセルホテルの進化系として注目を集めていた。

同社は、破産手続き開始の理由として、宿泊施設増加に伴う競争激化に加えて、新型コロナウイルス感染拡⼤防⽌のため休業していた各ホテルの営業再開の⾒通しが⽴たず、当⾯の資⾦繰りの⽬処が立たなくなったことを挙げている。

今回の破産⼿続開始申⽴てに伴い、ファーストキャビン築地、ファーストキャビン京橋、ファーストキャビン京都河原町 三条、ファーストキャビン京都嵐⼭、ファーストキャビン柏の葉の直営施設5店舗の営業を終了する。

また、JR西日本と立ち上げた合弁会社JR⻄⽇本ファーストキャビンが運営していたファーストキャビンステーションあべの荘とファーストキャビンステーション京都梅⼩路は、すでに4月5日までに営業を終了している。

フランチャイズ店舗については、現在その多くが休業中だが、オーナーの判断に従って、営業を再開する予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。