検索タグ "帝国データバンク"

旅行会社の売上高ランキング2018、連結ベースで首位はJTBで1.3兆円、帝国データバンクが初の国内旅行業者の実態調査

旅行会社の売上高ランキング2018、連結ベースで首位はJTBで1.3兆円、帝国データバンクが初の国内旅行業者の実態調査

帝国データバンクが国内旅行会社の売上高ランキングを発表。2018年の旅行会社の売上高は4.6兆円に。
2019年の「周年記念企業」は全国で14万社、100周年は1700社でオリンパスや川崎汽船など ―帝国データバンク

2019年の「周年記念企業」は全国で14万社、100周年は1700社でオリンパスや川崎汽船など ―帝国データバンク

帝国データバンクが、2019年に創業から節目の年を迎える「周年記念企業」を発表。2019年の周年記念企業は全国14万1550社で、そのうち上場企業は421社。
業界天気図2018予測、「快晴」はホテル・旅館業界の1分野のみ、旅行業界は「薄日」に ―帝国データバンク

業界天気図2018予測、「快晴」はホテル・旅館業界の1分野のみ、旅行業界は「薄日」に ―帝国データバンク

帝国データバンクが「業界天気図 動向調査2018年度」を発表。ホテル・旅館業界は2018年度も増加が見込まれ、「快晴」の見通し。
遊園地・テーマパークの経営実態2017、増収した企業が大幅に減少、収入高ランキング1位の東京ディズニーは3年ぶり増収

遊園地・テーマパークの経営実態2017、増収した企業が大幅に減少、収入高ランキング1位の東京ディズニーは3年ぶり増収

遊園地・テーマパークの収入高ランキング。1位の東京ディズニーリゾートが業界の約半分のシェア。調査発表の帝国データバンクは、収入高規模の格差が大きい業界と指摘。
ホテル・旅館の経営実態2016、収入額は10年間で過去最高、二極化で小規模施設は伸び悩みの一面も -帝国データ

ホテル・旅館の経営実態2016、収入額は10年間で過去最高、二極化で小規模施設は伸び悩みの一面も -帝国データ

訪日外国人や国内旅行者の増加で、ホテルや旅館の経営実態は? 帝国データバンクが全国約8000社を対象にした調査結果を発表。
2018年の「周年記念企業」は14万社、100周年はパナソニックや帝人など1308社、上場企業は70周年が最多

2018年の「周年記念企業」は14万社、100周年はパナソニックや帝人など1308社、上場企業は70周年が最多

2018年に周年記念を迎える企業は?帝国データバンクが約147万社の同社データベースからピックアップし、発表。
レンタカー業者の総収入が1兆円を突破、訪日外国人の増加や「所有からシェア」への意識変化で ー帝国データバンク調べ

レンタカー業者の総収入が1兆円を突破、訪日外国人の増加や「所有からシェア」への意識変化で ー帝国データバンク調べ

帝国データバンクの調査によると、2016年度のレンタカー業者の総収入は1兆円を突破。訪日外国人の増加や車の「所有」から「シェア」への意識の変化が背景にあると分析。「カーシェアリング」や「ライドシェア」など新たなサービスの広がりも。
京都府内の宿泊施設で収入高が2極化傾向、2015年度の首位は「ホテルグランヴィア京都」運営会社 -帝国データ

京都府内の宿泊施設で収入高が2極化傾向、2015年度の首位は「ホテルグランヴィア京都」運営会社 -帝国データ

帝国データバンクの調査で、京都のホテル・旅館の経営会社の収入高が4年連続で増加していることが判明。ただし、大手や老舗施設と中小零細企業との2極化も進行。
スカイマークの民事再生手続き開始が決定、インテグラルと再生支援契約、共同スポンサーも募集

スカイマークの民事再生手続き開始が決定、インテグラルと再生支援契約、共同スポンサーも募集

スカイマークは民事再生手続きの開始決定を受け、5月29日までに再生計画案を提出することになった。負債は約711億円、債権者数は約510名。インテグラルと再生支援契約を結び、共同スポンサーも募集。
国内中堅・新興航空会社の経営実態、増収してもLCC参入などで厳しい経営 -帝国データバンク調査

国内中堅・新興航空会社の経営実態、増収してもLCC参入などで厳しい経営 -帝国データバンク調査

帝国データバンクは国内の中堅、新興およびLCC航空会社の経営実態調査を実施。2013年度業績では、ほとんどが前年度比で増収となった一方、新興航空会社はLCCの参入などで収益は悪化。
ホテル・旅館の倒産件数、2013年度は95件、慢性的な売上減少が要因に

ホテル・旅館の倒産件数、2013年度は95件、慢性的な売上減少が要因に

帝国データバンク(TDB)によると、2013年度のホテル・旅館の倒産施設数は、前年比6.9%増の95件。東日本大震災の発生した2011年度から2年連続の減少となったほか、7年ぶりに100件を下回った。
九州・沖縄地区のホテル売上ランキング、1位は5年連続でザ・テラスホテルズ

九州・沖縄地区のホテル売上ランキング、1位は5年連続でザ・テラスホテルズ

帝国データバンク(TDB)によると2012年度の九州・沖縄地区のホテル・旅館経営企業の業績は2年連続で増加。売上高1位はザ・ブセナテラスホテル。回復基調も価格競争や宴会・婚礼部門の需要減少の影響もある。
倒産件数、2月は10.8%減、7か月連続で減少、負債総額は2000年以降最小に

倒産件数、2月は10.8%減、7か月連続で減少、負債総額は2000年以降最小に

帝国データバンク(TDB)によると、2014年2月の企業の倒産件数は、前年比10.8%減の765件となり、7か月連続で前年を下回った。負債総額は29.9%減の1165億円で、2000年以降最小額を記録。
消費増税の影響、売上減は1~2%、価格転嫁率50%でも赤字多数 -TDB分析

消費増税の影響、売上減は1~2%、価格転嫁率50%でも赤字多数 -TDB分析

帝国データバンク(TDB)は、小売りサービス6業種に対する消費増税の企業業績に与える影響度を分析し、消費増税に伴う実質値上げができなかった場合、営業赤字に転落すると予想した。
業界別天気予測、旅行、ホテル・旅館業界は「薄日」で堅調さを維持

業界別天気予測、旅行、ホテル・旅館業界は「薄日」で堅調さを維持

帝国データバンクの2014年度「業界天気図」調査で、旅行業界とホテル・旅館業界の予報は「薄日」。東京五輪決定が好影響とするほか、ホテル・旅館では宴会・婚礼需要も回復の見通し。
賃金改善見込み企業は46.4%、2006年以降で最高に -TDB調査

賃金改善見込み企業は46.4%、2006年以降で最高に -TDB調査

帝国データバンク(TDB)の調査によると、2014年度の賃金改善を見込む企業が46.4%となり、2006年1月の調査開始以降で最高の見通しとなった。大企業よりも中小企業の方が改善見込みの割合が高い。
旅行業界は「薄日」に改善-帝国データの業界別天気予測

旅行業界は「薄日」に改善-帝国データの業界別天気予測

帝国データバンクの「100業界231分野の2013年度天気予測」で、旅行業界の予報は前年の「曇り」から2013年は「薄日」に改善。昨年の需要増加が継続すると予測。日本全体も改善の兆しだという