JTB、ベネッセと共同開発の海外旅行を拡充-夏休み家族旅行で

JTBワールドバケーションズは、ベネッセコーポレーションとの共同開発商品「英語&異文化体験プログラム」を拡充し、従来のグアム、オーストラリアに、ハワイ、シンガポールを加えた4方面で展開する。

「英語&異文化体験プログラム」は、「子供が英語や異文化に触れ、興味や自信を持つような体験を早くに持たせたい」と考える保護者の増加を受けて企画したもの。親子向け海外旅行ツアーに英語の活用や異文化交流ができるプランを盛り込んだものが特徴だ。例えば現地では、観光地でのスタンプラリーや子供専用の買い物コーナーなど、現地スタッフと簡単な英会話ができる場面を設定。また、子供向けガイドブック「まるわかりbook」を出発前に配布し、旅行への期待を盛り上げるための仕掛けも用意する。

「英語&異文化体験プログラム」は2013年夏休みの家族向け海外旅行商品「わいわいファミリーシリーズ」(7月~9月)に盛り込み、対象年齢の参加者は追加代金なしで利用可能とする。プログラムによって、対象年齢は異なる。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。