JTB、ボイジャー・オブ・ザ・シーズの海上見学クルーズを設定

ジェイティービー(JTB)は、2013年4月27日と5月3日に東京湾に入港するクルーズ客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」を、海上から見学する日帰りクルーズツアーを設定した。

見学には、東京や横浜で旅客船事業を運営するケーエムシーコーポレーションの「OCEAN BLUE(オセアン・ブルー)」(定員144人)を使用。4月27日のコースはボイジャー・オブ・ザ・シーズの出航にあわせて併走し、5月3日のコースは停泊中のボイジャー・オブ・ザ・シーズの間近にせまり、海上から見学する。日本空港ビルデングと羽田旅客サービスとの協業ツアーとなっており、いずれのコースも羽田空港を集合解散場所とする。

参加費用は、4月27日発がクルーズ併走後に羽田空港沖での航空機離発着見学や軽食、ワンドリンク付きで5000円、5月3日発は3500円。

なお、ボイジャー・オブ・ザ・シーズはロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)が運航するクルーズ客船で、総トン数は約13万7000トン、定員約3000名。1999年の就航で、当時は世界最大のクルーズ客船だった。東京湾への入港は今回が初めて。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。