富士山、6月にも世界文化遺産へ、イコモスが勧告

文化庁は2013年5月1日、現在、世界文化遺産の推薦書を提出中の「富士山」、「武家の古都・鎌倉」について、ユネスコ世界遺産センターから通知されたICOMOS(国際記念物遺跡会議)による勧告を発表した。

これによると、「富士山」は三保松原を除き、「記載」が適当、「武家の古都・鎌倉」は「不記載」が適当と勧告されたという。「記載」とは、世界遺産一覧表に記載するもので、「不記載」は記載にふさわしくないものとし、今後行なわれる世界遺産委員会で不記載決議となった場合、例外を除き、再推薦ができなくなる。

なお、世界遺産の最終決定については、2013年6月16日~27日まで、プノンペンで開催される第37回世界遺産委員会で行なわれる。諮問機関、および世界遺産委員会による決議の4区分は以下の通り。

【諮問機関による評価結果の4つの区分】

  • 記載(Inscription): 世界遺産一覧表に記載するもの
  • 情報照会(Referral): 追加情報の提出を求めた上で次回以降に再審議するもの
  • 記載延期(Deferral): より綿密な調査や推薦書の本質的な改定が必要なもの。推薦書を再提出した後、約1年半をかけて再度諮問機関の審査を受ける必要がある
  • 不記載(Not to inscribe): 記載にふさわしくないもの。(世界遺産委員会で不記載決議となった場合、例外的な場合を除き再推薦は不可)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。