関空、日本人旅客数が7か月ぶりのプラス、外国人は10月の過去最高に

関西国際空港の2013年10月の国際線旅客数は、前年比12%増の152万1726人で、2か月連続で前年を上回った。国際線旅客便の発着回数も3%増の5956回で10月として過去最高の水準を記録。マイナスが続いていた日本人旅客数は1.%増の56万5320人となり、7か月ぶりにプラスに転化した。外国人旅客数も引き続き好調。35%増の40万4820人で20か月連続のプラス推移となり、10月として過去最高を記録した。

国内線旅客数もLCCの新規就航や増便等で13%増の52万9868人となり、25か月連続で前年を上回った。発着回数も10%増の4128回で、国内線と国際線を合わせた発着回数の合計は5%増の1万1139回となり、6か月連続で前年を上回った。

発着回数は国際線旅客便が3%増で10月として過去最高の水準。7か月ぶりに前年を上回った。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。