全日空、羽田・昼間枠で全枠就航決定 -羽田便は倍増、成田便は調整

ANAグループは、2014年夏スケジュールの国際線路線計画の一部として、取得した11の昼間発着枠について2014年3月30日にすべて就航する予定を発表した(関係当局の認可前提)。新規開設となるのはロンドン線、パリ線、ハノイ線、ジャカルタ線、マニラ線、バンクーバー線で、増便はシンガポール線、バンコク線。また、調整中だが中国(北京)とドイツ(2枠)への運航を予定している。昼間時間帯の羽田運航路線は、現在の5地点8便から13地点16便に倍増する。

一方、成田ではパリ線、ジャカルタ線のスケジュールを変更するほか、マニラ線およびホーチミン線(ベトナム)は現行通り運航。成田で乗継可能とする北米やアジアの地点数を拡充し、利便性の向上を図るとする。しかし、成田/ロンドン線は運休し、成田/シンガポール線とバンコク線は週7便に半減するなど、羽田増枠分の減便を予定。首都圏空港全体での需給適合と説明する。

このほか、今回の路線計画では、期間運休していた中部/上海(浦東)線を夏スケジュール期間で再開することも発表。今回、発表した路線についてはいずれも12月中の予約・販売を開始する。


【2014年夏期に新規開設する羽田・昼間発着枠 ※調整中を除く】

ANAプレスリリースより

【2014年夏期に増便する羽田・昼間発着枠 ※調整中を除く】

ANAプレスリリースより

【羽田就航・増便に伴う首都圏路線のスケジュール変更】

ANAプレスリリースよりANAプレスリリースより

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。