グーグル、2013年の旅行関連の検索ランキングを発表、今年もっとも検索された旅行会社は?

Google(グーグル)は、このほど2013年の旅行検索キーワードの動向について発表した。同社によると、旅行関連の検索ボリュームは、2010年1月との比較で国内旅行のキーワードは3倍、海外旅行のキーワードは2倍と大幅に増加。その成長の背景は、検索に利用されているデバイスとしてスマートフォンの利用拡大が考えられ、2013年9月の段階で国内・海外ともに50%を超えているという。同社の旅行業界・営業統括部長の松濤徹氏が、このほど開催した記者発表でこうした傾向を解説した。

海外からの日本の検索傾向については、衣・食・住・コンテンツ(マンガなど)・観光(観光施設など)の5つのキーワードで分類すると「食」関連が1位。続いてコンテンツ、観光と続き、この3カテゴリは最近増加の傾向にあるという。松濤氏は、2015年のミラノ万博のテーマが「食」であることや、和食が世界遺産に登録されたことなどを要因として指摘した。

方面別には、食の検索が多いのは北米・欧州・南米、コンテンツ関連は南米、ファッションについては欧州と、エリア毎に特徴が分かれた。アジアは、観光関連キーワードが多く、松濤氏は「地理的な問題や訪問者数が多いため、実際に来るための情報収集をしている」と分析している。(詳細な海外からの検索の傾向については後日記事で紹介。)


▼旅行関連企業の検索ランキング、旅行会社の首位は楽天トラベル

また、旅行関連企業の検索ランキングも発表。ランキングとしては、引き続きLCCが上位に入り、注目度の高さがうかがえた。また、フルサービスキャリアとして日系大手2社も10位以内にランキングしており、松濤氏は定説ながらも「航空業界は消費者の注目度が高い」として2013年の傾向として紹介した(詳細ランキングは下段に掲載)。

また、短期間に検索が伸びている旅行関連のキーワードにはLCCや、新たにオープンした施設などが入っており、日本人の2013年の注目度を振り返ることができる(詳細ランキングは最下段)。

【旅行関連企業の検索ランキング】

*2013年1月1日~11月合計(都道府県を除く)

  1. JR(全社計)
  2. ANA
  3. じゃらん
  4. 楽天トラベル
  5. JAL
  6. スカイマーク
  7. H.I.S
  8. ジェットスター
  9. JTB
  10. 一休
  11. 東横イン
  12. ピーチ 航空
  13. エクスペディア
  14. トラベルコ
  15. 近鉄
  16. 西鉄バス
  17. 名鉄
  18. クラブツーリズム
  19. 阪急交通社
  20. 近畿日本ツーリスト

【旅行関連の急上昇検索ワードランキング】


*2013年1月~11月合計 対 2012年1月~11月合計 (年間検索が一定数以上あるもの)

  1. バニラエア
  2. キッテ
  3. スーパーこまち
  4. 高速 バス 格安 バスサガス
  5. 山手線 路線 図
  6. 富士山 世界遺産
  7. 神戸 アンパンマンミュージアム
  8. 愛子 スノーリゾート
  9. 舞浜ベイホテル東急
  10. インターコンチネンタル 大阪
  11. 広島 菓子 博
  12. ソロモン諸島
  13. しずてつバス
  14. 新石垣空港
  15. Usj ハリーポッター
  16. ピーチ 予約
  17. ヨセミテ国立公園
  18. ひとり 旅
  19. 大戸温泉 お台場
  20. 出雲大社 ツアー

(トラベルボイス編集部:山岡 薫)


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。