ダイヤモンド・ビック、訪日外国人向け情報アプリを提供、ネット環境不足にも対応

ダイヤモンド・ビッグ社とインターネット広告代理店のブリンガー・ジャパンは、訪日外国人向けの情報アプリ「GOOD LUCK TRIP JAPAN App」の運営を開始した。ダイヤモンド・ビッグ社が全国7エリア・19タイトルを発行する訪日客向けフリーマガジン「GOOD LUCK TRIP」のアプリ版メディアで、旅行中に役立つ情報から帰国後にも楽しめる日本の芸能やトレンドを、「スポット」「カルチャー」「ニュース」など6カテゴリーで配信。本誌の情報のほかオリジナルの記事や動画コンテンツも掲載し、まずは動画15本を含む計50本以上のコンテンツで配信を開始する。

「GOOD LUCK TRIP JAPAN App」の特徴は、文字と画像だけでは理解しにくい外国人が利用しやすいように工夫したこと。動画視聴やワンクリックで電話やメールができる機能、地図アプリとの連携機能などをつけたほか、訪日外国人が旅行中に困ったことの1位に挙げる「日本の無料公衆無線LAN環境の不足」にも対応し、ブックマークした記事や動画をオフラインで閲覧できるようにした。

さらに、同じ情報を掲載するウェブサイトも用意することで、SNSとの連携を可能とした。アプリの場合、シェアする相手も同じアプリをインストールしていないと情報が見ることができなかったが、同アプリ版の記事をシェアした場合、閲覧者がそのリンクをクリックすると該当するウェブページを見ることができるという。

アプリはまず、台湾と香港からの訪日客をターゲットに、繁体字のAndroid版で開始。今夏には英語版のAndroid版、さらには韓国語やiOS版などラインナップを広げる。また、掲載エリアは当初は「東京」を中心とするが、随時、関西や四国などへ拡大していく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。