街中広告からスマホアプリにクーポンを配信、JR名古屋駅でO2O2O実験 ―凸版印刷とJR東海

凸版印刷はJR東海エージェンシーと共同で、2014年11月11日から17日の間、JR名古屋駅・中央コンコース内の柱に設けられたデジタルサイネージと通行客が所持するスマートフォンを連動させたO2O2O(オーツーオーツーオー)の実証実験を行う。(右図はコンコースでの実施イメージ)

O2O2Oとは、"Out of Home(OOH) to Online to Offline"の略称。消費者が街中など自宅以外で目にする情報掲示や屋外広告(=OOH)を起点として、インターネット上の特設サイト等へ誘導する仕組みを設け、最終的には実店舗での商品購入を促す宣伝・販売施策を指す。

JR名古屋駅におけるO2O2Oには、キリンビールマーケティングとサークルKサンクスが協力。コンコース内の50本柱・100面に設けられた「キリン一番搾り生ビール」のデジタル広告のそばで凸版印刷の電子チラシアプリ「シュフーチラシアプリ」を起動すると、サークルKサンクスで使える無料クーポンがプッシュ配信される。アプリはiOSとAndroidいずれにも対応しており、デジタル広告からの情報受信にはBluetooth機能が必要となる。


O2O2Oの実施内容(プレスリリースより)

凸版印刷では、今回の実証実験に基づきデジタルサイネージを活用したO2O事業の取り組みを促進、販売促進のありかたや消費者・企業間の最適なコミュニケーション手法を検討したいとしている。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。