フィリピン政府がタクシー相乗りサービスを省令で制定、ウーバーなど配車アプリも対象に

2015年5月10日、フィリピン政府は「移動性の向上」に関する新しい省令を制定。スマホアプリなどを通じたタクシー配車サービスを提供するウーバーらとの連携のもと、公共交通に新たなタイプを追加した。国レベルでライドシェア(相乗り)の仕組みを可能とする省令が制定されたのは、世界で初めて。 *画像はウーバーのウェブサイトより

フィリピン政府は今回の省令で、既存のバス、タクシーといった公共交通機関だけでなくウーバーなどが提供するアプリベースのライドシェアサービスを「交通ネットワーク車両サービス(Transportation Network Vehicle Service)」に指定。新たな交通オプションを加わったことは、運転手の就労機会の創出や交通渋滞の解消、さらに公共交通機関のサービス向上・近代化に貢献できるとしている。

ウーバーは15か月前にフィリピンでサービスを開始。マニラを中心に、効率的で信頼できるサービスとして受け入れられてきた。今回の発表にあたりウーバージャパンでは、「同じアジアのフィリピンで、官民が協力し、テクノロジーを駆使した革新的な交通システムの活用を世界に先駆け国レベルで省令制定したことを喜ばしく思う」とコメントしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。