公園情報アプリがキュレーションや投稿機能搭載へ、SNSシェア機能追加で”きっかけ作り”のアプリに -パークフル

公園情報アプリ「PARKFUL(パークフル)」は2015年6月9日、iOS向けの高機能バージョンの提供を開始した。パークフルは「公園をもっと楽しく、もっと身近に。」をコンセプトに、公園への訪問を促し、公園を賑やかにすることを目指して作成されたもの。

従来は公園の地図検索を中心とする公園情報閲覧アプリとしての提供だったが、新バージョンにはお勧めの公園のキュレーションや、写真やコメントなど公園に行った記録の投稿、SNSへのシェアが可能な機能を追加。「公園に行きたくなる、行くきっかけをつくる」アプリに向上させた。

アプリを提供するのは、公共空間向けの家具メーカーであるコトブキの子会社、コトラボ。IT技術やソフトウェアの力で公共空間をより面白く、賑やかにしていくことを目指し、2014年7月1日に設立された。

コトラボでは、全国に約10万4000か所(国土交通省発表)も都市公園があることから、今まで知られていなかった公園や遠くの公園にも行きたくなる価値の創出と、公園の地域の魅力発信にも努め、「日本全体が公園から賑やかになる」役割を担っていくとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。