空港の音声アナウンスをスマホ上で文字表示するサービス登場、JALとヤマハ共同の実証実験で

日本航空(JL)は、2015年6月22より9月30日まで、国内線搭乗口にてヤマハが開発した翻訳情報提供アプリ「おもてなしガイド」を用いた実証実験を行う。日本語によるアナウンス内容を他言語に翻訳し、スマートフォン上の文字情報として確認できるもの。今回の対応言語は日本語、英語、中国語。2015年6月22日から7月17日までの間は羽田空港の搭乗ゲートにて、JAL221便、JAL229便(いずれも羽田~関西空港)を対象に実施。その後の予定は別途発表となる見通し。

「おもてなしガイド」は、ヤマハが"音のユニバーサルデザイン化”をコンセプトに展開中の「Sound UD化プロジェクト」の中核となるアプリ。外国人や高齢者、聴覚に障がいを持つ方を対象に、各種施設や公共交通機関における音声を手元のスマホ上で文字情報として確認できるもので、アプリさえダウンロードしておけば、ネット環境がなくても利用可能。これまで、バスやショッピングモールでの検証が行われているほか、2015年のミラノ万博・日本館でも公式採用となっている。

関連記事:

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。