ANA、ブリュッセル線の就航で欧州内のコードシェア拡大、ブリュッセル航空や欧州LCCなどと

全日空(NH)は2015年10月25日の成田/ベルギー・ブリュッセル線就航に合わせ、ブリュッセル航空(SN)とのコードシェアを開始する。

ブリュッセル航空はブリュッセル空港をハブ空港としており、今回のコードシェア対象路線はブリュッセル発着で15路線、片道はブリュッセル発が4路線、ブリュッセル発が11路線。いずれも欧州都市が中心で、ブリュッセル/テルアビブ路線も対象としている。

また年内には、ドイツ・デュッセルドルフをハブ空港とするLCCジャーマンウィングス(4U)とユーロウィングス(EW)の欧州路線ともコードシェアを開始。デュッセルドルフ発着では13路線、片道ではデュッセルドルフ発が7路線、デュッセルドルフ着が4路線。

なお、今回コードシェア提携をする3社は欧州路線の共同事業(JV)パートナーであるルフトハンザ・グループ傘下の航空会社。欧州路線でのコードシェア拡充により、旅客の利便性向上を図るとしている。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。