ゼクシィがインバウンド開始、外国人カップルの訪日“前撮り”で、台湾・香港向けに -リクルート

リクルートマーケティングパートナーズの結婚情報誌「ゼクシィ」が、台湾、香港のカップル向けのサイト「ゼクシィ遊愛(You I)」をオープンした。

インバウンドの挙式需要では、挙式の「前撮り」を行なう傾向があることから、日本での前撮り撮影旅行の情報掲載を中心に、挙式や披露宴の検索サービスも用意。2014年には、台湾や香港を中心に、5000組以上の海外カップルが実施しており、今後も増加する見込みだという。

日本市場が少子高齢化で婚姻組数が減少するなか、挙式関係者の間ではインバウンドへの期待が高まっている。ただし、多言語対応の難しさや海外カップルのニーズに対する知識不足などを理由に、取り組みができていないのが現状だ。

今回のサイトはこうした状況に対応したもので、マーケティング期間中にはインバウンドに対応している国内挙式関係者も参加。今後は中国やその他の国・地域にも対象を拡大していく予定だ。例えば、韓国で一般化しつつある、周年でのドレス撮影「リマインドウエディング」なども取り込み、市場拡大を図っていく。

さらにリクルートコミュニケーションズと共同で、多言語翻訳・通訳のサポートやグローバルでの集客最適化も検討するとしている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。