2016年はドイツビール500周年、ミュンヘンなどで特別イベント開催

ドイツ観光局によると、2016年はドイツビールの500周年の年。1516年4月23日にバイエルン公が発布した「ビール純粋令」がその起源だ。

「ビール純粋令」とは、ビールの醸造には麦芽とホップ、水以外を用いることを禁止するもの。今も「ビール純粋令」は守られており、これが世界で親しまれるドイツビールの品質の秘密なのだという。

500周年を記念し、ドイツ各地ではビール祭りが開催される予定。例えばバイエルン公が「ビール純粋令」を発布した地、古都のインゴルシュタットでは2016年4月22日~24日に「インゴルシュタット1516年」祭りを開催。また、ミュンヘンでは7月22日~24日、オデオン広場などの中心部で500周年特別イベントを開催。バイエルン州内100以上の醸造所が自慢のビールや料理を提供する。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。