東海道・山陽新幹線で新チケットレス乗車が可能に、改札タッチで本人認証、2017年夏から

JR東海とJR西日本は2017年(平成29年)夏より、東海道・山陽新幹線で利用できる新たなチケットレスサービスを導入する。新サービスは、スマートフォンなどで新幹線の指定席を予約・クレジット購入後、新幹線改札に「TOICA」「ICOCA」といった全国相互利用対象の交通系ICカードをかざすことで本人認証を行い、新幹線に乗車できるようにするもの。 ※冒頭画像はJR東海のウェブサイトより

これまでJR東海とJR西日本が提供してきた「エクスプレス予約サービス」やJR東海の「プラスEXサービス」(総称:EXサービス)では、チケットレスで乗車するためには会員専用のICカードを申し込んで登録する必要があった。一方、新サービスでは会員以外の乗客や外国人旅行者でも全国で使える汎用的な交通系ICカードを用意するだけでチケットレス利用が可能となる。1枚のICカードだけで新幹線と在来線との乗り換えもできるため、移動時の利便性が向上する。

新サービスを利用する際は、スマートフォンやパソコンから自分が持っているクレジットカードと交通系ICカードを登録するだけ。年会費などは特に必要ない。なお、新サービス開始後も、会員制の「EXサービス」は提供される見通しだ。

サービス開始日や登録方法などの詳細は、今後決定次第公開される予定。

新サービスの利用イメージは以下のとおり。

JR東海とJR西日本による報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。