楽天がカンパニー制度を導入、開発者・デザイナーも配属してサービスの迅速化へ

楽天は品質向上と顧客満足度の最大化を目的に、社内カンパニー制度を導入することを発表した。現在60以上のビジネスユニットを、戦略的な観点から事業の類似性や親和性を考慮して13のカンパニーに集約。独立組織に所属していた開発者やウェブデザイナーも、各カンパニーに最適配置する。これにより、高品質かつ迅速なサービス開発と提供が可能となり、ユーザーの声に即応する組織を目指す。

一方、グループ全体で共有すべきID、ポイント、決済等のプラットフォームの開発機能については、引き続きグループの横断的組織が主導する。これにより、楽天経済圏のサービス連携が深まり、ユーザーの利便性向上に繋がるとする。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…