羽田空港で中国大手決済「WeChat ペイメント」の利用可能に、免税店や伊勢丹ストアなどから導入開始

羽田空港国内線・国際線旅客ターミナルの一部店舗で2016年6月1日、中国の大手決済サービス「WeChat Payment(ウィチャットペイメント、微信支付)」が導入された。ユーザー数9億人といわれる中国の人気SNSアプリ「WeChat(ウィチャット、微信)」から利用できるもの。

店舗では、WeChatアプリを起動した後、表示されたQRコード(銀行口座のワンタイムパスワード)を専用端末にかざすことで決済が完了する。デビットカード方式のため、その場で顧客の銀行口座から代金が引き落とされる仕組みだ。

導入対象は、国際線旅客ターミナルの免税店「TIAT DUTY FREE SHOP CENTRAL」のほか、国内線第一旅客ターミナル5店舗、第二旅客ターミナル2店舗。伊勢丹ストアやサマンサタバサ スイーツ&トラベルなどの人気ショップが含まれる。

今回の決済サービス導入は「WeChat Payment」日本代理店のネットスターズが実施したもの。今後、対応店舗を拡大していく計画だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。