海外ツアー「ルックJTB」の2017年度上半期商品、急病時のキャンセル料無料や添乗員のタビマエ相談メールなど新設

JTBワールドバケーションズは2016年12月1日、2017年度上期(2017年4月~10月)の海外パッケージツアー「ルックJTB」新商品を発表した。12月2日から順次発売する。

サービス面では2017年度も「安心」「頼りになる」を重視。「ルックJTB 独自の旅程保証」「ルックJTB 遅延お見舞金制度」を継続するほか、急な体調不良などの理由で旅行を取り消す際、次回の旅行予約と参加により取り消し料が無料となる制度を新たに導入する。添乗員付きツアーでは、申し込み前の相談窓口 「添乗員がお答えする 旅えらび相談メール」、申し込み後に旅行先での滞在について相談できる窓口「添乗員がお答えする タビマエ相談メール」をそれぞれ新設。商品に応じて提供していく。

2017年度の注目方面はシンガポールに設定。シンガポールは2016年度に日本との外交関係樹立50周年記念商品を設定して好評を得た旅行先。今後はシンガポール政府観光局、航空会社とも連携して魅力的な商品を企画。例えば夜景観賞をおこなう「キラキラ夜景バス」、「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」への開園前優先入場プランなど、ファミリー層や女性を主なターゲットにした商品を展開する。

また、新シリーズでは「世界のリゾート ~ 一度は泊まってみたいあのお部屋」を発表。ここでは、JTBがホテルを厳選し、さらにとっておきの客室を紹介。第一弾としてアジア6軒のアマンの特集を企画する。

そのほか、欧州など人気方面にチャーター便を利用した商品を多数設定。アジアからの旅行者急増の影響で航空座席やホテルの確保が困難な現状に対応していく。同時に、2016年度に開始した旅行代金変動型商品も継続・拡充。海外自由旅行志向に対応する個人型パッケージツアー「エアホ」、継続して人気が好調なハワイ方面のさらなる強化なども進めていく。

2017年度の取り扱い目標は、2016年度比4%増の118万人(全国発着、ルックJTBおよび取り扱い全商品計)。その内訳は、ハワイで1%増の30.1万人、アジアで6%増の44.9万人、米国で14%増の5.2万人、欧州で7%増の11.6万人などに設定。国際情勢が不透明な状況もあるなか、日本で回復基調がみられる海外旅行需要をさらに喚起していく考え。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。